通信講座や専門学校

通信講座や専門学校

運営者 No Comments

同じ試験を目指す仲間と勉強できること、講師によって的確な指導が受けられることが専門学校のメリットです。学費がかかりますが、時間や効率の良さというものをお金で買っていると言えます。

参考HP・・・公務員コースがある専門学校「大原学園」

しかし、もちろんのことですが専門学校で習っただけでは知識の習得ができません。きちんと習ったことの復習を行わなければ身につかないですから、専門学校の授業だけでなく、そのあとの自習時間まで取ることが重要です。

それに対して通信講座は教科書や試験問題、添削課題といったものが送られてきて自分のペースで学習を進めていきます。専門学校のように通わないので学費は大幅にリーズナブルになりますが、自分で計画的に学習をしなければただ教材を買っただけになってしまいます。基本的な流れは独学と同じですが、より必要なところにだけ絞った教科書と添削してもらえる機会があるという点が独学とは異なります。また、通信講座でも中にはDVDが送られてきたりインターネット動画が閲覧できたりして授業をサテライト形式で受講できるものもあります。このようなものであれば、繰り返し見ることもできますし、解説を聞きながら勉強ができるので専門学校に通学しているのと同じくらい身につきやすいと言えます。

独学で勉強をする

運営者 No Comments

公務員試験の勉強方法には独学、専門学校、通信教育といった方法をとることができます。本屋さんには市販の公務員試験の過去問や問題集が販売されているので、それを用いて独学で行うこともできるのです。ただし、公務員試験の学習内容は多岐にわたるため、ものすごい集中力と精神力が必要です。周囲の学生が遊んでいる間にも試験に向けての勉強をすることが必要なこともあり、強い意志がなければなかなか独学での勉強は難しいものです。

もちろん、中には独学での勉強で合格をしている人もいます。そのような人は大学入学の後間もないうちから試験勉強を始めて数年計画で受験をしています。早いうちから計画的に始めていることももちろん成功の秘訣なのですが、大学受験の直後の高い学力や集中力を持って公務員試験の勉強を始めているというところも合格の秘訣であると言えます。大学受験の際の勉強の集中力や学力から、勉強をしなければ学力も集中力も落ちていきます。そうすれば、自ずと教科書を読んだり問題集を解いたりしても記憶力も集中力も大学受験の頃に比べれば低下していきます。そのため、独学での成功にはブランクを作らないというのはとても重要であると言えます。

公務員になりたい

運営者 No Comments

公務員には様々な職種がありますが、両親の勧めや興味ある仕事、テレビや漫画、ドラマといったものの影響から公務員を志す人も多くいます。男性でも女性でも安定性が高い仕事であることは魅力的ですし、国民や地域住民の生活に直接関わることができる仕事というのはやはりやりがいも大きいものです。

公務員には様々な仕事があるために、公務員になりたいと思ったらまずは具体的な職種をしぼることから始めます。国家公務員になりたいのか、地方公務員になりたいのかによっても勉強すべき内容が異なりますし、その中の具体的な職種によっても専門分野が変わってくるので勉強内容が変わります。そのため、まずは何になりたいかを決めることが重要なのです。

なりたい職種が具体的に決まったら、次にその分野についての勉強を始めていきます。公務員試験というのは試験の範囲も広く勉強する内容も多いので対策にはかなりの時間を要します。知識を身につけたら、そのあとは過去問を解いての実践練習、小論文や面接の対策まで行うので数ヶ月の準備では合格できず浪人するという人も中に入るほどです。合格するためには全ての教科の勉強をしっかりと行わなければならないので、試験勉強のためにしっかりと時間を割かなければならないですし、合格するためには高い精神力と集中力が求められます。そして、合格するためには全て独学で行うのか通信講座や専門学校を活用するのかという勉強方法にも幾つかのスタイルがあります。そこで、ここでは通信教育や専門学校の活用法とそのメリットを紹介していきます。